質屋  かんてい局

リサイクルについて

「せっかくいただいたのにサイズが合わない…」
「買った時はイイと思ったけど…」
など、いろいろな理由でご自宅に眠っているバッグやジュエリーなど使用していないものを必要としている人に譲ることで商品を無駄にせず有効活用すること、モノをリサイクルして使うことが一般的になってきています。

もともと、日本人は江戸時代からモノをリサイクルする達人でした。茶碗がかけたり、鍋底に穴があけば、直し屋さんへ持っていきましたし、着物は古着が当たり前でした。

着物を新調したら仕立てなおして着まわし、ホツレや穴が開けばツギハギをして長く着続けました。そして、着ることが無理となれば小物にリメイクしてとことん使い続けました。

下駄などは歯が減ったら歯だけを入れ替えて履き続け、とうとう壊れたら薪にして燃やし、その灰は畑の肥料向けに売りました。

江戸時代は現代のリサイクルとは比べ物にならないほど先進的だったといえるかもしれません。モノがあふれている時代ですが、モノを大切に使うリサイクルの考え方を生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?