質屋  かんてい局

茶道具の高価買取いたします!

玉川堂とは

日本国内の地場産業として有名な新潟県燕市の金属加工業の中でも唯一、1枚の銅板を鎚で叩き起こして銅器を製作する「鎚起銅器」(ついきどうき)の伝統技術を二百年弱に渡って継承している老舗です。
そのルーツは、江戸時代初期、和釘づくりが始まったことに端を発します。
江戸時代後期、仙台の渡り職人が燕に鎚起銅器の製法 を伝え、1816年(文化13年)、玉川堂の祖、玉川覚兵衛によって受け継がれました。
燕に銅器製造が発展した背景には、近郊の弥彦山から優良な銅が産出され、素材の入手が容易であったためです。

日常銅器(鍋、釜、薬罐)の製造から、漸次工芸品的要素を加え、1873年(明治6年)、日本が初めて参加したウィーン万国博覧会に出品し、戦前までに約三十回内外博覧会に出品受賞しました。
1894年(明治27年)には明治天皇御大婚二十五周年奉祝に一輪花瓶を献上し、皇室の御慶事には玉川堂製品の献上が習わしとなっています。

現在、新潟県より「新潟県無形文化財」、文化庁より「記録作成等の措置を講ずべき無形文化財」、経済産業大臣(旧通商産業大臣)より「伝統的工芸品」に指定される玉川堂です。

玉川堂
玉川堂
玉川堂
玉川堂
玉川堂

茶道具の買取の流れ

来店買取の流れ

買取では、お客様はご自分の品物を売ってお金を得ることができます。
もちろん「即金」。当店では質預かりも行っておりますが、はじめからいらない物、不用品は買取を選択することをオススメします。

4つのポイントアップ術!1.付属品「外箱、内箱、保存袋、保証書など」2.簡単な汚れやホコリはキレイに3.新作商品4.宝石など鑑定機関発行の鑑定書または鑑別書

お出かけ、ご来店がむずかしい方・・新発田・三条・長岡・上越ほか新潟全域 出張買取 もいたします。
同じ売るなら高額査定が期待できる当店をご利用ください。